二波山 松緑 純米吟醸
小売価格
1.8L
3,400円(内税)
720ml
1,700円(内税)

二波山 松緑 純米吟醸

穏やかで控えめな淡麗辛口タイプ

  • 全体的に控えめな端麗辛口。二波山松緑の中で最も辛口に感じる。
  • 香りは弱めで、華やかさは隠されている。アルコールの香りがやや強く、静かな印象を受ける。
  • 温度帯が上がるほど、お酒の持つ甘未や味わいのボリュームがどんどん強くなる。
  • 味わいはシンプルで、キレのあるお酒を単体で楽しみたい人におすすめ。
商品情報※以下の数値は若干の変動を伴います。
原材料
米・米麹
精米
50%
度数
15度
料理との相性

上品で控えめ、やや硬さがある。香りが抑えられた酒質的には純米酒の特徴が強く、苦味や雑味などのミネラルを感じる男性的なお酒。スパイスやミネラル質の強い食品との相性が良い。和食以外の意外な組み合わせも楽しめる奥深い酒。

<ベストマッチの例>
天ぷら(塩) 天ぷらの素材そのものの味と衣のふくよかさは、このお酒の持つ苦味、雑味が上手く包み込まれ見事な調和を見せる。お酒は天ぷらに包まれ、天ぷらはお酒で引き立つ。
地鶏・黒胡椒焼き 鶏肉の脂分が、純米酒のふくよかさや厚みとベストマッチ。胡椒のスパイシーさが酒のミネラルさと上手く調和する。それぞれの旨味を良く引き出してくれる。
カレーうどん カレーうどんのスパイシーさがやや強いが、お酒の辛さが際立ちビシッとした辛口が楽しめる。お酒の辛さを堪能したい人におすすめの組み合わせ。
鯛のカルパッチョ さっぱりした鯛とソースの柔らかい酸が引き立つカルパッチョが、スッキリ上品な純米吟醸との相性が良い。この純米吟醸は香りの主張が控えめなので、洋食の前菜と全体的な相性が良い。
パルメザン
(チーズ全般)
チーズの塩味と純米吟醸のしっかりした骨格が寄り添い、上品な味わいのマッチングを見せる。
おすすめの飲み方
冷酒 10℃ 常温 10℃ ぬる燗 40℃ 熱燗 50℃
官能評価
視覚
無色透明
粘度
粘度は中程度
嗅覚
香り
吟醸酒としては香りが控えめで吟醸香は抑えられており、ほんのりと白い花や菫、野花の香が隠れている。アルコールのヒネた香りがあり、温度が上がるとやや刺激臭がつよくなる。
味覚
インパクト
インパクトは低温では非常に軽く感じ、温度が高くなると強くなる。
味わい
初めは辛口のインパクトで、少し時間が経つとお米のほんのりとした甘さが感じられる。
酸味
酸はやや強く、吟醸酒としての上品さや繊細さを醸し出している。
渋・雑味
苦味や雑味はあるものの、特に強くはなく、落ち着いた感じに仕上がっている。
コク
純米吟醸としては標準的な厚みがあり、固い感じのお酒。
キレ・余韻
余韻はさほど強くなく、スッと切れる端麗辛口。

二波山松緑 ラインナップ

笠間の地酒をお楽しみ下さい。

祈祷酒 冬季限定 にごり酒